暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店

hanada 1 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店

暮らしのうつわ花田は、九段下駅と市ヶ谷駅を結ぶ大通り沿いにお店を構えています。近くには靖国神社や日本武道館もありますが、カフェなども幾つかあって落ち着いた街並みです。

お花見シーズンは千鳥ヶ淵(ちどりがふち)の桜がとても綺麗ですので、お花見に合わせて立ち寄ってみるのも良いと思います。

九段下周辺の街情報

hanada 3 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店

九段下駅は、東京メトロ東西線、半蔵門線、都営地下鉄新宿線の3つの線が通っています。

近くには、人気アーティストのライブコンサートや大学の入学式などに使用される日本武道館、桜が美しい千鳥ヶ淵、靖国神社、東京国立近代美術館などがあり、観光スポットとしても有名な地域です。

また、女性に人気のパン屋&カフェ「ファクトリー」、有名な和菓子・喫茶店の老舗「宝来屋本店 (寳来屋 ほうらいやほんてん)」もあって、大人のお出かけスポットとしても楽しい街です。

暮らしのうつわ花田(はなだ)お店情報

暮らしのうつわ花田は、1976年に東京九段下に誕生したうつわ・和食器の老舗専門店です。”料理が主役、うつわは脇役”というコンセプトのもと、300名に及ぶうつわ作家・陶芸家の作品を取り扱っています。

食卓に並ぶ料理が多種多様になり、人々のライフスタイルや価値観も移り変わっていく中で、そのような現代のトレンドも汲みつつ、伝統に根ざしたうつわを提案してくれます。

店内は老舗ならではの趣がありますが、決して重苦しくなく、落ち着いた気持ちでじっくり器を楽しむことができます。

店名 暮らしのうつわ花田(はなだ)
電話番号 03-3262-0669
お問合せ info@utsuwa-hanada.jp
住所 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-5九段ビル 1・2F

アクセス 東京メトロ半蔵門線、東西線、都営地下鉄新宿線「九段下駅」2番出口より徒歩7分
営業時間 10:30~19:00(祝祭日は11:00~18:30、ただし催事期間中の祝祭日は通常通りの営業時間)
定休日 日曜日(ただし、催事期間中の日曜日は通常通りの営業)
ホームページ utsuwa-hanada.jp

暮らしのうつわ花田(はなだ)の店内・食器写真

hanada 4 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店出典:instagram.com

1階のスペースはうつわの種類別にディスプレイされていて、お茶碗、小鉢、中鉢などを見ることができます。また、奥ではうつわに囲まれながらコーヒーや抹茶などをいただくことができる喫茶スペースもあります。

hanada 2 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店

2階にはギャラリースペースがあり、月に1、2回の頻度で展示会・展覧会が開催されます。

取り扱い食器の作家例

阿部春弥(あべ はるや)

abeharuya 3 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店出典:instagram.com

【プロフィール】

1982年、長野県真田町生まれ。愛知県立窯業高等技術学校を終了後、備前陶芸家山本出に師事。’04年、長野県上田市で築窯、独立。

詳しくはコチラ

伊藤聡信(いとう あきのぶ)

itoakinobu 2 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店出典:instagram.com

【プロフィール】

1971年、兵庫県生まれ。’96年、名古屋芸術大学美術学部デザイン科卒業。’99年、愛知県常滑市に築窯。

詳しくはコチラ

余宮隆(よみや たかし)

yomiyatakashi 2 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店出典:instagram.com

【プロフィール】

1972年、熊本県天草生まれ。’91年、唐津「隆太窯」で陶芸の修行を始める。中里隆氏に師事。’95年、天草「丸尾焼」で修行。’02年、天草本町に「朝虹窯」として工房と窯を築く。

詳しくはコチラ

城進(じょう すすむ)

hanada 5 - 暮らしのうつわ花田(はなだ)東京九段下のオシャレ人気器屋・和食器店出典:instagram.com

【プロフィール】

1971年、大阪府生まれ。’95年、京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻卒業後、’00年までに世界50ヵ国を旅した。現在は三重県伊賀で作陶。素地に鉄絵具で文様を描く鉄絵で知られる。