二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)

madu 1 - 二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)

東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅(東京)にある玉川高島屋S・C南館4階にある食器を中心としたハウスウェアショップMadu(マディ)。

作家もののうつわや窯元の食器が並べられ、ゆっくり手に取って見れるような空間です。食器のお値段もわりとお手頃な価格になっているのも食器やうつわ好きな方にとってうれしい点です。

お店情報

Madu(マディ)は、”美味しい食卓、ここちよい暮らし”といった本当に気持ちの良い生活を求めている人達のために、食器を中心に提案するハウスウェアショップです。

焼き物以外にも、キッチン用品、布製品、家具・インテリア雑貨など暮らしに関わるアイテムを提案してくれます。比較的リーズナブルでお手頃価格の食器やうつわも多く、通販サイトも運営されているので、利用しやすいお店です。

店名 Madu(マディ)
電話番号 03-5797-3043
お問合せ お問い合わせフォーム
住所 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋南館4F

アクセス 東急田園都市線または東急大井町線「二子玉川駅」から徒歩約1分
営業時間 10:00~21:00
定休日 無休(1月1日は休館日)
ホームページ madu.jp

取り扱い食器の作家・窯元例

九谷青窯(くたにせいよう) -横井佳乃(よこいよしの)-

madu 2 - 二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)出典:instagram.com

大学卒業後、陶芸教室で講師をされていたという横井佳乃さん。京都で釉薬の勉強をし、2018年4月に九谷青窯に入られました。様々な手法を試せるのが楽しくて、ついつい器に手を入れ過ぎてしまうこともあるそうです。

九谷青窯は、主宰の泰耀一氏のもとに陶工数人が集まり、1972年に石川県能美市に開窯した工房です。古典に学びつつも時代に合った良質な常食器を提供することをコンセプトに、ろくろから型打ち、絵付けまで全て手仕事で、基本的には一人の陶工が一貫して行なっています。

九谷青窯(くたにせいよう) -徳永遊心(とくながゆうしん)-

madu 3 - 二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)出典:instagram.com

札幌生まれ。札幌市立高等専門学校インダストリアル学科卒業後、2003年に九谷青窯に入社。04年に退社し、同窯にてフリーの陶工となる。毎日の暮らしを楽しく美味しくしてくれる器、ちょっとしたおもてなしに会話も弾ませてくれるような器、盛り付けたい料理があれこれ浮かぶ使いやすい器を目指して作陶中。

九谷青窯(くたにせいよう) -堀畑蘭(ほりはたらん)-

madu 4 - 二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)出典:instagram.com

堀畑蘭さんは、石川県金沢市出身。石川県立九谷焼技術研修所修了後、デンマークのボーンホルムズ・ホイスコーレへ留学し、陶芸を学ぶ。2017年、九谷青窯で作陶を始める。

煌陶窯 -星野晃一(ほしのこういち)-

madu 5 - 二子玉川高島屋の食器屋・うつわ屋Madu(マディ)出典:instagram.com

煌陶窯は、星野晃一(ほしのこういち)さんが1998年に岐阜県土岐市に開いた窯です。星野晃一さんは、1969年に岐阜県土岐市に生まれる。’88年、多治見工業高等学校窯業科卒業。’90年、愛知県瀬戸窯業陶芸専攻科卒業し、美濃焼窯元にて修行を始める。’98年、岐阜県土岐市に煌陶窯を開窯。