白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア

amahare 1 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア

ひと昔前に白金に住むおしゃれなマダムを”シロガネーゼ”と呼ぶことが流行っていましたが、そんなおしゃれな街、白金台のプラチナ通りにあるハイセンスなうつわ屋さんが雨晴(あまはれ)です。

陶器や磁器といった焼き物だけでなく、ガラス食器、木製食器、金属製のカトラリーなどもおしゃれにディスプレイ・販売されているので、色々な組み合わせを楽しめます。

雨晴(あまはれ)お店情報

雨晴は、「現代の日本人にとって本当に心地よい暮らしを考え、作る」というブランドコンセプトをもとに運営されているお店です。

全国から作家ものの焼き物、ガラス食器、木製・金属製食器を集めて、紹介してくれる場になっています。白金台というおしゃれな土地にふさわしく、作品や店舗の内装、ディスプレイも洗練されています。

店名 雨晴(アマハレ)
電話番号 03-3280-0766
お問合せ info@amahare.jp
住所 〒108-0071 東京都港区白金台5-5-2

アクセス 電車をご利用の場合:東京メトロ南北線「白金台駅」から徒歩10分

バスをご利用の場合:都営バス[橋86]または[目77]で「白金6丁目」停留所から徒歩1分

営業時間 11:00~19:30
定休日 水曜
ホームページ amahare.jp

雨晴(アマハレ)の店内写真

amahare 2 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア出典:instagram.com

洗練されたきれいな店内に、おしゃれでモダンな雰囲気も感じられる和食器・うつわが並びます。

amahare 3 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア出典:instagram.com

うつわへのライトアップまでこだわりが感じられ、一枚一枚じっくり見たくなるような店舗デザインです。

取り扱い食器の作家例

境道一(さかい みちかず)

amahare 4 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア出典:instagram.com

1975年、長野県須坂市生まれ。’94年、岡山県立備前陶芸センター卒業し、備前焼作家正宗悟氏に師事。’97年、長野県須坂市に穴窯築窯。’15年、香川県木田郡三木町に穴窯築窯。

村上雄一(むらかみ ゆういち)

amahare 5 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア出典:instagram.com

1982年、東京に生まれる。’01年、沖縄県読谷村の山田真萬工房にて5年勤務し、’09年、多治見市陶磁器意匠研究所修了。’11年、岐阜県土岐市に工房を構える。

田中信彦(たなか のぶひこ)

amahare 6 - 白金台のハイセンスうつわ・和食器屋「雨晴 あまはれ」恵比寿・目黒エリア出典:instagram.com

1966年、東京都練馬区生まれ。’90年、立教大学卒業。’91年、京都府立陶工高等技術専門校修了し、滋賀県八風窯で勤務。’93年、吉祥寺アトリエ飛行船陶芸研究所講師。’94年、埼玉県入間市に開窯。