東京・渋谷ヒカリエで和食器と食事を楽しめる店舗 d47食堂

d47shokudo 1 - 東京・渋谷ヒカリエで和食器と食事を楽しめる店舗 d47食堂

渋谷ヒカリエ 8階にある”食材の生産者やうつわ作家の想いを伝える”ことをテーマとしたd47食堂(ディーヨンナナショクドウ)。四季折々の食材を使った定食だけでなく、和食器も購入できるため、食をまるっと楽しめるお店です。

食事を食べて楽しみ、食器を見て楽しむ、といった一石二鳥で楽しみたい方にオススメです。

お店情報

d47食堂は、地方などの旅先で様々な食の生産者やうつわ作家と交流を持っているd design travel編集部が、47都道府県の「食」をテーマにして「おいしく正しい日本のご飯」を提供することを目指されています。生産者を招いてのワークショップや勉強会など、食に関わるイベントも定期的に開催されています。

益子焼をはじめ、地方で作られた和食器や焼き物を購入できる点もうつわ好きな方にとって嬉しいですね。

店名 d47食堂(ディーヨンナナショクドウ)
電話番号 03-6427-2303
お問合せ https://www.hikarie8.com/ask/?section=6
住所 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F
アクセス 東急東横線・田園都市線、JR山手線・埼京線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、京王井の頭線「渋谷駅」直結
営業時間 11:30~14:30 ランチタイム
14:30~18:00 ティータイム
18:00~23:00 ディナータイム(L.O. 22:00)
定休日 無し
ホームページ http://www.hikarie8.com/d47shokudo/

47食堂の和食器・料理の写真

Tomoさん(@beauty_foods_japan)がシェアした投稿

広島さんのアジフライが美味しそうです♪海をイメージさせるうつわも素敵ですね。

Yuki Aima 相馬夕輝さん(@yukiaima)がシェアした投稿

もやしなむるさん(@moyasinamuru)がシェアした投稿


渋めの風合いの平皿に卵焼きの黄色が映えてます♪

取り扱い食器の作家・窯元例

伊藤丈浩(いとう たけひろ)

【プロフィール】

1977年、千葉県に生まれ、’95年から焼物作りを志す。’98年に益子へ移住し、製陶所勤務。’02年に半年間、アメリカ周遊し、’04年から約1年間、日本各地の窯業地を見聞。’06年に独立し、益子焼を作陶。

@_.a._.k._.u._.v._i._がシェアした投稿

鈴木稔(すずき みのる)

【プロフィール】

1962年、埼玉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。91年より4年半、益子の陶芸家である高内秀剛氏に師事。96年に、益子町芦沼に築窯、独立。益子の土と釉薬を使い、割型による器を中心に製作。個展を中心に活動。

archipelagoさん(@archipelago.me)がシェアした投稿

太田哲三(おおた てつぞう)

【プロフィール】

1969年、佐賀県立有田工業高校窯業科卒業し、父・太田熊雄に師事。’75年、小石原南の原に分家築窯。日本民芸館展、西日本陶芸展など入賞多数。伝統工芸士、県版現代の名工。

D&DEPARTMENT FUKUOKAさん(@d_d_fukuoka)がシェアした投稿

砥部焼窯元 中田窯(愛媛県)

愛媛県砥部町で用と美を兼ね備え、日々の暮らしを豊かに楽しくする焼き物を作り続ける中田窯。

ひふみ民藝店さん(@hifumi_mingeiten)がシェアした投稿