横浜・元町中華街のオシャレな和食器屋(ボクノワタシノ)

bokuno watashino 1 - 横浜・元町中華街のオシャレな和食器屋(ボクノワタシノ)

東急みなとみらい線 元町中華街駅から少し歩いた丘の上に佇む和食器屋さん、ボクノワタシノ。店内のディスプレイも店主の”さとう いよこ”さんの食器へのこだわりを感じるようなオシャレな空間になっています。

お店情報

お店の名前である「ボクノワタシノ」には、うつわへの安心感や一体感を持ち主に感じてもらうための出会いを手助けしたいという思いと、料理を通して思いやりや楽しさを感じてもらいたいという思いが込められているそうです。

2部屋分の広さがあるウッディ調の店内には、食器が一つずつ丁寧にディスプレイされていて、手にも取りやすく、居心地が良いです。

お店のマスコット的存在の猫の”みーちゃん”も愛嬌たっぷりでお出迎えしてくれたり、横浜近くに遊びに来た時は立ち寄りたい和食器屋さんです。

店名 ボクノワタシノ
電話番号 045-681-2388
お問合せ bokunowatashino.com/contact/
住所 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町52-7
アクセス みなとみらい線 元町中華街駅 「元町口」から徒歩8分
JR根岸線 石川町駅 「元町口(南口)」から徒歩8分
営業時間 11:00~17:00
定休日 毎週月・火(祝日の場合は営業、翌日振替休日)
ホームページ www.bokunowatashino.com/

インスタグラムのボクノワタシの投稿写真

取り扱い食器の作家例

町田 裕也(まちだ ゆうや)

1984年、埼玉県生まれ。’05年、デザイン専門学校卒業後、茨城の笠間焼の窯元で勤務。’13年、所沢市にて開窯。

宇田 康介(うだ こうすけ)

1981年、滋賀県甲賀市の生まれ。’02年、京都伝統工芸専門学校を修了し、笠間焼を磯部陶苑で2年間修業。’05年、信楽窯業技術試験場素地釉薬科を修了。’07年、信楽町勅旨にて作陶を始める。

山本 雅則(やまもと まさのり)

1987年、滋賀県信楽生まれ。’09年、京都精華大学陶芸を卒業。’10年、信楽窯業技術試験場小物ろくろ科を修了し、信楽の陶器製造会社に勤務。’15年、信楽窯業技術試験場素地釉薬科を修了し、自宅にて作陶を始める。

古谷 浩一(ふるたに ひろかず)

1979年、滋賀県信楽町生まれ。’03年、信楽窯業技術試験場釉薬科を修了。’04年、京都府立陶工高等専門学校を修了し、父の古谷信男に師事、作陶を始める。’15年、アートスペース油亀企画展、古谷浩一のうつわ展「白い雲」個展を開催。